Category Archives: ティエリー・ミュグレー

Thierry Mugler, Alien Eau Extraordinaire

ティエリー・ミュグレーのエイリアン・オーエクストラオーディナリー。2014年発売の女性用香水です。

オリジナルは2005年に発売されてスーパー・ヒットを記録した「エイリアン」で、今回は、その数多くあるアレンジ版のニュー・ファミリーです。香りはクリーミーでエレガントなアロマティック・シトラス・フローラルの香調がベース。

  • トップ: チュニジア産ネロリ、ベルガモット、ティー・リーフなど
  • ミドル: ティアレ・フラワー、ヘリオトロープなど
  • ラスト: ホワイト・アンバーやカシュメランなど

調香は、カルバンクラインの「ユーフォリア」や」ディオールの「ピュア・プワゾン」などで知られるドミニク・ロピオンと、ジミー・チュウの「ジミー・チュウ」やランコムの「トレゾア・イン・ラブ」などを手がけているヴェロニク・ニーベリの合作。プロデュースは、アザロやポルシェ・デザインの香水ラインもかかえているクラランスです。ネロリやティアレといった、マイルドなホワイト・フローラルが効いていて、香りようによってはソーピーなたたずまいになるかもしれません。お嬢さまという風なフェミニンを演出したい時などにもってこいだと思います。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、エイリアン・オーエクストラオーディナリー

Thierry Mugler, Angel Aqua Chic

ティエリー・ミュグレーのエンジェル・アクアシック。2012年発売の女性用香水です。

オリジナルは1992年に発売されて爆発的なヒットとなった「エンジェル」で、今回は数多くラインアップされているエンジェル・コレクションの中の一作です。オリジナルはマイルドなグルマン・スウィートが特徴でしたが、今回のエディションがガラッと変わって、シトラス・フローラルの香調がベース。「アクア・シック」というサブ・ネームにぴったりくるアイテムです。

  • トップ: レモンなど
  • ミドル: ピンクペッパー、コーン・フラワーなど
  • ラスト: パチョリ、バニラなど

調香は、イッセイ・ミヤケの「プリーツ・プリーズ」コレクションや、ニナ・リッチの「リッチ・リッチ」、ロベール・ピケの諸作品などで知られるオウレリアン・ギシャール。プロデュースはアザロの香水ラインでもおなじみの「クラランス」です。レモンの香りが印象的ですが、ミドル以降はまさにシックなトーンです。デイタイムにマッチするでしょう。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、エンジェル・アクアシック

Thierry Mugler, Innocent

ティエリー・ミュグレーのイノセント。1998年発売の女性用香水です。

1992年に発売されたファースト・レディス香水、「エンジェル」のニュー・バージョンとして発表されました。個性的なオリエンタル・フルーティーの香調をベースにしており、オリジナルのグルマン系の魅力を受け継ぎながらも、若干オゾニックな佇まいの香りをブレンドしています。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、ヘリオナール(スイカ香の合成香料)など
  • ミドル: ハニー、デューベリー、ブラックカラント、パッションフルーツなど
  • ラスト: シュガー・アーモンド、メレンゲ、アンバー、ムスクなど

マニッシュといえばマニッシュな感じの、ユニークでユーモアのある香りだと思います。人を選びますが、それだけに試し甲斐のある一品とも言えるでしょう。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、イノセント

Thierry Mugler, Alien Sunessence (2011)



ティエリー・ミュグレーのエイリアン・サンエッセンス(2011)。2011年発売の女性用香水です。

サマー・リミテッド・エディションとなっていて、日本ではレアアイテムです。アンバーの香りをフィーチャーしたシトラシー・フローラル・アンバリーの香調をベースにしていて、夏仕様らしくさっぱりとしていて清潔感のある香りです。

  • トップ: キウィなど
  • ミドル: スタンホピア・オーキッド・フラワー、ジャスミン、バニラなど
  • ラスト: アンバー、ウッディー・ノートなど

調香は、ブシュロンの「ミス・ブシュロン」やバーバリーの「ロンドン」、「ザ・ビート」などを手掛けている人気パフューマーのドミニク・ロピオン。プロデュースはアザロの香水ラインでもおなじみのクラランスです。デイタイムならば、夏だけではなく春などにも似合いそうです。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、エイリアン・サンエッセンス(2011)

Thierry Mugler, Alien

ティエリー・ミュグレーのエイリアン。2005年発売の女性用香水です。

この作品はヨーロッパでエンジェル同様に大ヒットをして、日本にも上陸しましたが、日本ではそれほど話題にならず、レアアイテムとなっています。「エンジェル」のグルマン・コンフェクショナリー一辺倒のイメージからいかに脱却するかと苦心に苦心を重ねた末のウッディー・ムスキー・アンバリーの香調となっていて、マテリアルの選び方からブレンドの比率まで、極めて考え抜かれたモダン香水の秀作です。

あまりトップ、ミドル、ラストの階層分けは感じられず、オレンジブロッサムやサンバック・ジャスミンなどのフローラルと、バニラ、カシュメラン、アンバー・ソーラー・アコードなどが絶妙に溶け合ったグラマラス・スウィートを体感できます。

調香はドミニク・ロピオンとローラン・ブリュイエール。秋冬のナイトシーンにマッチすると思います。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、エイリアン

Thierry Mugler, Innocent Illusion

ティエリー・ミュグレーのイノセント・イリュージョン。2007年発売の女性用香水です。

オリジナルは1998年に発売された「イノセント」です。極めてオーソドックスなフルーティー・フローラルの香調をベースにしていますが、ラストのコンフェクショナル・スウィートがやはりティエリーらしい、チャーミングなアイテムに仕上がっております。

  • トップ: ブラックカラント、マンダリン・オレンジ、ベルガモットなど
  • ミドル: フリージア、スズラン、バイオレットなど
  • ラスト: ホワイトムスク、プラリネなど

プロデュースは自社の香水はもちろん、アザロやステラ・カデンテなどの香水ラインも抱えているGroupe Clarins。ガーリーなニュアンスが強い香りなのではないかと思います。カジュアルでポップなシーンであれば、オールシーズンで使えると思います。意外とデイタイムでもイブニング以降でもマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、イノセント・イリュージョン

Thierry Mugler, Angel

ティエリー・ミュグレーのエンジェル。1992年発売の女性用香水です。

カラメル&チョコレートな感じのグルマン・オリエンタルの香調をベースにしており、チャーミングで愉しげ、ハッピーでガーリーであるにも関わらず、底深い大人のエレガンスをも垣間見せる、調香師オリヴィエ・クレスプの渾身の調香冴え渡る優れたアイテムです。

  • トップ: ベルガモット、へディオン(ジャスミン&フルーツ様の合成香料)、ヘリオナール(スイカ様の合成香料)など
  • ミドル: ハニー、デュー・ベリー、レッド・ベリーなど
  • ラスト: バニラ、カラメル、チョコレート、パチョリ、クマリン(桜餅様の合成香料)など

調香はオリヴィエ・クレスプとイブ・デ・チリスの合作。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、エンジェル

Thierry Mugler, Womanity

ティエリー・ミュグレーのウーマニティ。2010年発売の女性用香水です。

新生ミュグレーにふさわしい、スリリングでアドベンチャラスなマリン・ノートの香調をベースにしていて、ウーマンとフェミニティ、ヒューマニティ、シティをかけあわせて作られた「ウーマニティ」というネーミングに見合った、コンテンポラリーでハイファッションなアイテムです。

香りは従来のピラミッド・コンポジションではなく、イチジク、キャビア、フィグ・ウッドの三種類のマテリアルをメインにしたフラットな構成で、グリーン・スウィーティーなイチジクと、ソルティでコクのある海の香りを漂わせるキャビアがハーモニーを奏でて、アロマティックなフィグ・ウッドがそのトーンを柔らかく包み込むようなトーンです。

調香は、ロクシタンの「グリーンティー」や「ノートル・フローラ・ネロリ」、アザロの「コックピット」などを手掛けているファブリース・ペレグリン。プロデュースはアザロやポルシェ・パルファムでもおなじみの「クラランス」です。

楽天最安値は↓

ティエリー・ミュグレー、ウーマニティ