Category Archives: ピエール・バルマン

Pierre Balmain, Ivoire



ピエール・バルマンのイヴォワール。1979年発売の女性用香水です。

シプレー・フローラルの傑作として知られていて、「イヴォワール・デ・バルマン」という名前で販売されていることもあります。数多くのマテリアルをぜいたくに使用したシプレー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: アルデハイド、カモミール、アサフェティダ、マンダリン・オレンジ、バイオレット、アルテミシア、マリーゴールド、レモン、ベルガモットなど
  • ミドル: ナツメグ、カーネーション、シナモン、スイセン、ペッパー、オリス、ジャスミン、ターキッシュ・ローズ、ネロリ、イランイラン、スズランなど
  • ラスト: サンダルウッド、トンカビーンズ、アンバー、パチョリ、ムスク、ラズベリー、バニラ、オークモス、ベチバー、インセンスなど

楽天最安値は↓

ピエール・バルマン、イヴォワール

Pierre Balmain, Eau d’Ivoire



ピエール・バルマンのオードイヴォワール。2013年発売の女性用香水です。

2000年に発売された「オード・イヴォワール」がオリジナルで、今回の作品はそのリニューアル・エディションです。リニューアル版のこの作品の香りは、厳選されたマテリアルをシンプルにブレンドしたシプレー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、レッドカラントなど
  • ミドル: キンモクセイ、マグノリアなど
  • ラスト: パチョリ、ムスク、アンブレットなど

プロデュースは、ベッツィ・ジョンソンやポール・スミスなどの香水ラインもかかえている、大手のInter Parfumsです。プライベートなシーンのデイタイムであれば、オールシーズンで使えそうです。

楽天最安値は↓

ピエール・バルマン、オードイヴォワール

Pierre Balmain, Vent Vert

ピエール・バルマンのヴァンヴェール

1950年代パリ・クチュールの黄金期を代表する偉大なメゾン、Pierre Balmain。バレンシアガ、ディオールと並んで三大デザイナーに数えられ、そのトラディショナル&エレガンスの極致のデザインは、半世紀以上を経たいまでも多くのデザイナーに影響を与えています。日本の皇后の衣装を手掛けたことや、商標に関する重要な裁判などでも有名です。

こちらはそんなピエール・バルマンフレグランス・ラインのファースト香水で、1947年発売の女性用香水です。一度廃盤となり、1990年に再販となりました。セカンドの「ジョリ・マダム」同様に、バルマン香水を象徴する名香と謳われる本作は、フルーティ・グリーンの清々しい調香をベースとしており、溶け合うようにオリエンタルな風格を漂わせます。

Vent vert=「緑の風」というネーミングに相応しい、時代を超えたタイムレスな風雅を彩る傑作です。

  • トップ: シトロン、ベルガモット、ライム、ネロリ、バジルなど
  • ミドル: ガルバナム、タジェット、イランイラン、ローズ、ヒヤシンス、スズラン、スパイスなど
  • ラスト: チャイニーズ・モス、サンダルウッド、シダー、アイリスなど

調香はロベルト・ピゲの「バンディ」と「フラカ」で有名な、伝説的な女性調香師であるジェルメーヌ・セリエ。

楽天最安値は↓

ピエール・バルマン、ヴァンヴェール

Pierre Balmain, Extatic



ピエール・バルマンのエクスタティック。2014年発売の女性用香水です。

エクスタシーをテーマにした、大胆不敵なフレグランスです。香調はウッディ・フルーティ・フローラル。

  • トップ: グリーンマンダリン、ライチ、ブラックカラント
  • ミドル: ターキッシュローズエッセンス、マグノリア、フレッシュジャスミン
  • ラスト: アンブロクサン、シダー、ムスク

調香は、バーバリーのブリットシアーやジバンシーのアマリージュ・ダムール、パコ・ラバンヌのブラック・エクセスシリーズでもおなじみのエミリー・コッパーマンです。

楽天最安値は↓

ピエール・バルマン、エクスタティック

Pierre Balmain, Balmain

ピエール・バルマンのバルマン。1998年に発売された女性用香水です。

選び抜かれたマテリアルからなる、王道のシトラス・シプレーの香調をベースにしており、美しいフランスの自然をイメージさせるような、明るくエレガントなアイテムに仕上がっています。

  • トップ: カラブリア産ベルガモット、ミドル・オリエント産ガルバナム、ブラック・ペッパー、ブルゴーニュ産カシスなど
  • ミドル: クリア・ジャスミン、トゥレット・シュル・ルー産ヴァイオレット、ローズ・ド・メ、フローレンス産イリスなど
  • ラスト: インドネシア産パチョリ、チャイニーズ・モス、マイソール産サンダルウッド、インドネシア産ベチバーなど

調香は、レオナードなどの香水ラインも手掛けているLuxelle社。ちなみにミドルのトゥレット・シュル・ルーとは、南フランスにある村の名前で、スミレの栽培で世界的に有名です。

幅広い年代の方に、デイタイムであればオールシーズンで、シックなウェアでもカジュアルでもお使いいただけると思います。オフィス使いでもデイリーユースで重宝しそうです。カッチリとしたボトルも、ロゴ・シールの張り方がユニークです。

楽天最安値は↓

ピエール・バルマン、バルマン