Category Archives: ポール・スミス

Paul Smith Women

ポール・スミスのウーマン。2000年発売の女性用香水です。

愛らしい天使のようなフルーティーフローラルの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、クレモンティーヌ、クラシックベリーなど
  • ミドル: スズラン、フリージア、グリーンティーなど
  • ラスト: シダー、ベチバー、パチョリなど

調香はジル・サンダーの香水やラリックのアメジスト、イヴ・サンローランのブラックオピウムなど、多くの香水を手がけるナサリー・ローソン。冬以外のデイタイムにマッチしそうな香水です。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、ウーマン

Paul Smith, Portrait for Women

ポール・スミスのポートレイト・フォーウィメン。2013年発売の女性用香水です。

メンズの「ポートレイト・フォーメン」とのカップリング香水となっています。香調はフローラル・グリーンの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、ブラック・ティー、カルダモン、ブラックカラント、ピーチなど
  • ミドル: ローズ、ジャスミンなど
  • ラスト: ミルラ、ムスクなど

プロデュースは、アナ・スイやランバンなどの香水ラインもかかえているInter Parfumsです。香り自体はオーソドックスなので、使い勝手もとてもよさそう。秋冬のシーズンならば、デイタイムでもイブニング以降でもマッチすると思います。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、ポートレイト・フォーウィメン

Paul Smith, Optimistic for women



ポール・スミスのオプティミスティック・フォーウーマン。2011年発売の女性用香水です。

同時発売の「オプティミスティック・ヒム」とのカップリング香水です。「楽観主義」というネーミングのこの作品は、フルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ピンク・グレープフルーツ、ラズベリー、ライチなど
  • ミドル: ピンク・スイートピー、マンダリン・オレンジ、クランベリー、スウィート・マカロンなど
  • ラスト: アイリス、パチョリなど

調香は、「オプティミスティック・ヒム」と同様に、クリスチャン・ラクロワの「テュミュルテ」やダビドフの「エコー・ウーマン」などを手掛けているフランソワ・キャロン。プロデュースはGAP、ランバン、モンブランなどの香水でも知られるInter Parfumsです。春や秋のデイタイムのプライベート・シーンにマッチするでしょう。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、オプティミスティック・フォーウーマン

Paul Smith, Extreme for Women

ポール・スミスのエクストリーム・ウーマン。2003年発売の女性用香水です。

お馴染みの香りを調合して、普遍的な官能とモダンなエレガンスを同時に表現します。香調はグリーン・ウッディ。

  • トップ: イタリアンマンダリン、ブラックカラント、フリージアなど
  • ミドル: ヘリオトロープ、バイオレットなど
  • ラスト: アンバー、ムスク、サンダルウッド、シダーなど

流行に捉われないスクエアのガラスボトルは、建築家ソフィー・ヒックスとの共同デザインによるもの。ミニマルな洋服に似合いそう。独創性に溢れ、高度にソフィスティケートされた大人の女性の香水です。調香はポール・スミスのローズ、バーバリー、ランバンのマリーミーシリーズなど多くの香水を手がけるアントワーヌ・メゾンデュです。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、エクストリーム・ウーマン

Paul Smith, Rose Summer Edition 2013

ポール・スミスのローズ・サマー・エディション2014。2014年発売の女性用香水です。

2007年のメガ・ヒット作「ポール・スミス・ローズ」のイヤー・リミテッド・エディションです。オリジナルはウォータリー&エレガントなローズ香が特徴ですが、今回はフルーツの香りをより溶け合わせた、ポップなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、アプリコット、ブラック・カラントなど
  • ミドル: ティー・ローズ、キンモクセイ、ストロベリーなど
  • ラスト: シダー、アンバー、ホワイト・ムスクなど

プロデュースは、ランバンやヴァンクリーフ&アーペル、アナ・スイなどの香水ラインもかかえているInter Parfumsです。カジュアルなシーンであれば、オールシーズンで使えると思います。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、ローズ・サマー・エディション2014

Paul Smith, Rose

ポール・スミスのローズ。2007年発売の女性用香水です。

妻から誕生日に贈られたバラにインスピレーションを得たという本作は、自身の名の付いたバラの香りを、非常に意欲的な手法で抽出した、輝かしくみずみずしいローズ香が際立つフローラル・ノートの香調をベースにしており、ローズ香の新機軸となり得るような、斬新でファンタスティックなアイテムに仕上げられています。

  • トップ: ポール・スミス・ローズ、緑茶など
  • ミドル: ターキッシュ・ローズ・オイル、ヴァイオレット、マグノリアなど
  • ラスト: シダーウッド、トンカビーンズなど

トップのポール・スミス・ローズとは、イギリスの名のある植物学者が三年の歳月をかけて開発した新種のバラです。花を収穫せずに香りを分析して、科学的に香りをリクリエイトする「セントトレック」という画期的な方法を用いて、このバラの本物の香りを芸術的に再現したのだそうです。

楽天最安値は↓

ポール・スミス、ローズ