Category Archives: マリナ・ド・ブルボン

Princesse Marina de Bourbon



マリナ・ド・ブルボン

この名前は、ブルボン王朝の末裔プリンセス・マリナ・ド・ブルボン=パルメがプロデュースしていることから名付けられたものです。スッキリとした印象のバニラスイートが、肌を撫でるようにふわりと香り立ちます。

  • トップ: スイカ、レモン、カシスの葉など
  • ミドル: ローズ、ジャスミン、イリス、イランイラン、パッションフルーツなど
  • ラスト: ラズベリー、ピーチカーネル(桃の種。アロマオイルで有名)、バニラ、エキゾティックフルーツ(密度の濃い甘さの果実)など

ティエリー・ド・バシュマコフの手によるボトルは、曲線と直線が見事に融合した神秘的な形。細部にもこだわりを持った香りを具現しています。

複雑な調合ながら飽きのこない香りなので、長く使っていけそう。

楽天最安値は↓

マリナ・ド・ブルボン

Princesse Marina de Bourbon, Paradise Lys

マリナ・ド・ブルボンのパラダイス・リス。2009年発売の女性用香水です。

2007年に発売された「オー・デ・リス」に続く、「リス(リリー、百合)・コレクション」のセカンド香水となっております。パラダイスと名前に付く通り、かなりハイ・カラーな情感のフルーティー・フローラルの香調をベースにしており、ユリの花の、儚げで華やかなフローラルがステキなアクセントを付ける、愉しいアイテムに仕上げられております。

  • トップ: タンジェリン、グレープフルーツ、マリーゴールドなど
  • ミドル: シナモン、ラズベリー、竹、アップル、ピーチ、パラダイス・リリー、ローズなど
  • ラスト: シダーウッド、サンダルウッド、ムスク、アンバーなど

調香は、ロリス・アザロの「アズーラ」やエスカーダの「セクシー・グラフィティ」、フェラガモの「インカント」や「インカント・ドリーム」などを手掛けたローラン・ブリュイエール。2008年に43歳の若さで他界したトップ・パフューマーの、これが最後の作品となりました。

楽天最安値は↓

マリナ・ド・ブルボン、パラダイス・リス

Princesse Marina de Bourbon, Eau de Lys

マリナ・ド・ブルボンのオーデ・リス

ブルボン家の末裔と結婚したマリナ・ド・ブルボン=パルマがパリに立ち上げた、極上のエレガンス・セレクト・ショップ、Princesse Marina de Bourbon。完成されたソフィスティケーションの感性から選び抜かれたアイテムの数々で、瞬く間にパリのマダムの間で話題となり、いつしかその人気は国内の枠を越え、ここ日本でも、特に紅茶やティー・アイテムなどによって知られております。

こちらはブランドのエレガンスをそのまま閉じ込めたようなフレグランス・ラインから、2007年度限定で発売されたレディス香水です。本ラインが得意とする、ハイ・クラス感溢れる洗練られたフローラル香使いを今回も発揮しており、白い高貴な花々を貴重としたラグジュアリーなフローラル・スウィートの香調でもって、現代のエレガンスを極めてナチュラルに描き出すことに成功しております。

  • トップ: メロン、グリーン・アップル、バンブー・リーフ(竹の葉)など
  • ミドル: マドンナ・リリー(ホワイト・リリー)、ヒヤシンス、ジャスミン、ホワイト・ローズなど
  • ラスト: ホワイト・ムスク、アンバー、シダーウッド、トランスペアレント・ウッドなど

デイタイムのちょっとした集まりなどに抜群の雰囲気を醸し出してくれそう。シックで洗練された白いウェアに見事にマッチしそうな香りと言えるでしょう。

ボトル・デザインも毎回素晴らしい出来です。ちなみに本作は「オー・デ・リス」で「ユリの水」という意味です。

楽天最安値は↓

マリナ・ド・ブルボン、オーデ・リス