Category Archives: マーク・ジェイコブズ

Marc Jacobs, Daisy Sorbet

マーク・ジェイコブスのデイジー・ソルベ。2015年発売の女性用硬水です。

オリジナルは、2007年に発売されてこのラインの代表作となったデイジーで、今回はその数多くあるアレンジ・エディションです。「ソルベ」=「シャーベット」のサブネームで、香りはあか抜けたフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ピンク・グレープフルーツ、洋ナシ、パッション・フルーツなど
  • ミドル: 藤の花、ジャスミン、スズランなど
  • ラスト: バイオレット・ウッド、シダー、ムスクなど

調香は、イザベラ・ロッセリーニの「イザベラ」やハル・ベリーの「リヴィール」、セリーヌ・ディオンの「スプリング・イン・パリ」などを手がけているリチャード・ハーピン。プロデュースは、グウェン・ステファニーやハイディ・クラム、ケイト・モスなどの香水ラインも手がけているCotyです。パッションフルーツやウィステリアの甘さがメインとなっている印象です。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、デイジー・ソルベ

Marc Jacobs, Daisy Dream Forever

マーク・ジェイコブスのデイジードリームフォーエバー 。2015年発売の女性用香水です。

オリジナルは2004年に発売された「デイジー・ドリーム」で、今回の作品はそのニュー・アレンジ・エディションです。香りはフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ブラックベリー、洋ナシ、グレープフルーツなど
  • ミドル: 藤の花、ジャスミン、ライチなど
  • ラスト: ストロング・ブロンド・ウッドなど

調香は、ケンゾーの「フラワー・バイ・ケンゾー」コレクションや、キャロライナ・ヘレラの「212」などを手がけているアルベルト・モリアスと、カルバン・クラインの「エタニティ・ナウ・フォーウーマン」やこのマーク・ラインの「ドット」、「ハニー」などを手がけているアン・ゴットリーブの合作。ふたりはオリジナルの「デイジー・ドリーム」でもコンビを組んでいます。プロデュースは大手のCotyです。ベリーやライチといったフルーツの香りが特徴的で、カジュアルなシーンでとても使い勝手がいいと思います。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、デイジードリームフォーエバー

Marc Jacobs, Lola

マーク・ジェイコブスのロラ。2009年発売の女性用香水です。

モダンなフルーティー・フローラル・バニリックの香調をベースにした香水です。

  • トップ: ピンク・ペッパーコーン、洋ナシ、ルビーレッド・グレープフルーツなど
  • ミドル: フクシアピオニー、ローズ、ゼラニウムなど
  • ラスト: バニラ、トンカビーンズ、クリーミー・ムスクなど

調香はディオールの「ジャドール」などを手掛けたカリス・ベッカーと、マーク・ジェイコブスの「アップル・スプラッシュ」などで知られるヤン・バスニエの合作です。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、ロラ

Marc Jacobs, Daisy Delight



マーク・ジェイコブスのデイジーディライト。2014年発売の女性用香水です。

オリジナルは2007年に発売されたマーク香水の大看板「デイジー」で、今回はそのニュー・アレンジ・エディションです。オリジナルはシック&ポップなフルーティー・フローラルでしたが、このアレンジ版はやわらかいフローラルが特徴的なフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: アップル、クィンス・フラワー、フリージアなど
  • ミドル: アイリス、ガーデニア、ピオニーなど
  • ラスト: ムスク、シダー、サンダルウッドなど

調香は、「デイジー・オー・ソー・フレーシュ・ディライト」や、オスカー・デ・ラ・レンタの「エスプリ・ド・オスカー」、パリス・ヒルトンの「ダズル」などを手がけているフランク・フォルクル。プロデュースはカルバン・クラインやヴィヴィアン・ウェストウッドの香水ラインなどでもおなじみの「COTY」です。やわらかいアップル、フローラル、ムスキーが印象的で、使い勝手のいいオーソドックスな香りです。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、デイジーディライト

Marc Jacobs, Honey

マーク・ジェイコブスのハニー。2013年発売の女性用香水です。

発売すると大ヒットするマーク・フレグランスですが、今回もヒットしました。香りはガーリッシュなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: 洋ナシ、マンダリン・オレンジ、フルーツ・パンチなど
  • ミドル: ハニーサックル、オレンジ・ブロッサム、ピーチ・ネクターなど
  • ラスト: ハニー、バニラ、ウッディ・ノートなど

調香は、このラインの「ドット」と同じ、アニー・ブザンティアン&アン・ゴットリーブのコンビ。アニー・ブザンティアンはトミー・ヒルフィガーの「トミー」などで、アン・ゴットリーブはカルバン・クラインの「シーケー・ビー」などでも知られております。基本的にはオーソドックスなフルーティー・フローラルで、ハニー・スウィートの重さはほとんどないので、使い勝手が良いと思います。カジュアルなシーンであれば、オールシーズンで使える香水です。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、ハニー

Marc Jacobs, Daisy Dream

マーク・ジェイコブスのデイジードリーム。2014年発売の女性用香水です。

オリジナルは2007年に発売された大ヒットを記録した「デイジー」で、今回はそのニュー・アレンジ・バージョンです。香りは明るくてポップなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ブラックベリー、洋ナシ、グレープフルーツなど
  • ミドル: ブルー・ウィステリア(藤)、ジャスミン、ライチなど
  • ラスト: ココナッツ・ウォーター、ムスク、ホワイト・ウッドなど

調香は、ブルガリの「オムニア」シリーズや「ブルガリ・ブルー」シリーズでおなじみのアルベルト・モリアスと、このラインの「ハニー」や「ドット」、カルバン・クラインの「シーケー・ビー」などで知られるアン・ゴットリーブの合作。プロデュースはCotyです。カジュアルなシーンであれば、オールシーズンいける使い勝手の良い香水です。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、デイジードリーム

Marc Jacobs, Daisy

マーク・ジェイコブスのデイジー。2007年発売の女性用香水です。

発売と同時に、まずボトルの可愛らしさで、本国アメリカでヒットを飛ばしました。フルーティー・フローラルの香調をベースにしており、クラシカルなニュアンスを崩さずにしっかりとモダンな息吹を感じさせる、ラインの中でも出色のアイテムです。

  • トップ: ワイルド・ストロベリー、ルビー・レッド・グレープフルーツ、バイオレット・リーフなど
  • ミドル: ガーデニア、バイオレット・ペタルズ、ジャスミン、ホワイト・デイジーなど
  • ラスト: バニラ、ムスク、ホワイト・ウッドなど

調香はブルガリの「ブリュ」や「オムニア」コレクション、キャロライナ・ヘレラの「212」シリーズ、ジバンシーの「パイ」や「ホット・クチュール」など、名作、傑作を次々と生み出している、現代最高のパフューマーの一人、アルベルト・モリアス。オフタイムのイブニング以降のハイ・ファッションなウェアにベストマッチするのではないでしょうか。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、デイジー

Marc Jacobs, Daisy Eau So Fresh

マーク・ジェイコブズのデイジー・オー・ソー・フレッシュ。2011年発売の女性用香水です。

2007年に発売された、このラインを代表する秀作「デイジー」のフレッシュ・エディションです。フルーティー・フローラルのファッショナブルな情感はそのままに、より洗練されたフルーティー・ノートが印象的なアイテムです。

  • トップ: ルビーレッド・グレープフルーツ、グリーン・リーブス、ラズベリー、洋ナシなど
  • ミドル: ワイルド・ローズ、ジャスミン・ペタルズ、ライチ、アップル・ブロッサム、ヴァイオレットなど
  • ラスト: ヴァージニア・シダーウッド、ムスク、プラムなど

調香はオリジナルの「デイジー」と同様に、キャロライナ・ヘレラの「212」やブルガリの「オムニア」などを手掛けている大御所のアルベルト・モリアス。プロデュースはCOTYです。

オールタイムで重宝する香水だと思います。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブズ、デイジー・オー・ソー・フレッシュ