Category Archives: ヴィクター&ロルフ

Viktor & Rolf, Flowerbomb Extreme

ヴィクター&ロルフのフラワーボム・エクストレム。2007年発売の女性用香水です。

2004年に発売され、特にヨーロッパで大ヒットを記録し、現在でもラインの代表作のオリジナル「フラワー・ボム」の2007年度リミテッド・エディションです。「花の爆弾」という、いかにもこのブランドらしいネーミングと大胆なボトル&パッケージのデザインはオリジナルと変わりません。オリヴィエ・ポルジュ、カルロス・ベネイ、ドミティユ・ベルティエという、気鋭三人の合作からなるオリジナルの、ほとんど完成されているフローラル・オリエンタルの香調をそのままベースに、エクストリームの名前どおり、ミドルのフローラルがより切り込んでくるような香水です。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、ティー・リーフなど
  • ミドル: サンバック・ジャスミン、キンモクセイ、フリージア、ローズなど
  • ラスト: バニラ、パチョリなど

プロデュースはP&G Prestige Beautéです。調香はオリジナル同様、オリヴィエ・ポルジュ、カルロス・ベネイ、ドミティユ・ベルティエです。

楽天最安値は↓

ヴィクター&ロルフ、フラワーボム・エクストレム

Viktor & Rolf, Flowerbomb



ヴィクター&ロルフのフラワー・ボム。2005年発売の女性用香水です。

ポジティブな心地を引き出すフラワーの力を爆発させる、と言ったニュアンスのネーミングで、マルチ・ファセットな香りをコンセプトに、厳選されたマテリアルからなるフローラル・オリエンタルの香調をベースにしています。

  • トップ: ベルガモット、ティーなど
  • ミドル: サンバック・ジャスミン、オレンジ・ツリー、カトレア・オーキッド、フリージア、センティフォリア・ローズなど
  • ラスト: パチョリなど

調香はエマニュエル・ウンガロの「アパラシオン・オム」などを手掛けたオリヴィエ・ポルジュと、ラルフ・ローレン「ポロ」、「ポロ・ブルー」などを手掛けたカルロス・ベネイ、そしてラコステの「タッチ・オブ・ピンク」などを手掛けたドミトリー・ヴェルティエの三人の合作です。

シンプルでシックな色合いのウェアに合わせれば、オールシーズンのデイ、イブニングを問わずにマッチしそうです。秋冬のパンツ・ルックなどに一番似合うかもしれません。

楽天最安値は↓

ヴィクター&ロルフ、フラワー・ボム

Viktor & Rolf, Bonbon

ヴィクター&ロルフのボンボン。2014年発売の女性用香水です。

発売当初から海外では大ヒットを記録しました。香りはオリエンタルなテイストをほのかに感じさせる、フルーティー・フローラル・グルマンの香調がベース。

  • トップ: マンダリン、オレンジ、ピーチなど
  • ミドル: オレンジ・ブロッサム、ジャスミン、キャラメルなど
  • ラスト: シダー、サンダルウッド、ガイアックウッド、アンバーなど

調香は、ポメラートの諸作品や、イブ・サンローランの「ベビードール」などで有名なセシール・マトンと、ジャコモの「サイレンス・サブライム」やルル・カスタネットの「レディ・カスタネット」などを手がけているセルジュ・マジョリエールの合作。プロデュースは、イブ・サンローランやラルフ・ローレン、ヘレナ・ルビンスタインなどの香水ラインもかかえている「ロレアル」です。

楽天最安値は↓

ヴィクター&ロルフ、ボンボン

Viktor & Rolf, Eau Mega

ヴィクター&ロルフのオーメガ。2009年発売の女性用香水です。

シトラス・グリーンのフレッシュでピュアな香調がベース。フレッシュな香りのアクセントがフローラルやウッドとよく調和して、フェミニンという形容がふさわしいハイセンスな香りです。

  • トップ: ヴァイオレット・リーフ、グリーン・バジル、洋ナシなど
  • ミドル: ピオニー、サンバック・ジャスミン、レモン・ゼスト、アクアティック・ブリーズ・アコードなど
  • ラスト: クリーミー・サンダルウッド、シダー、カシミア・ウッド、ホワイトムスクなど

調香は、ブルガリの「ジャスミン・ノワール」などで知られるカルロス・ベナイムと、バーバリーの「ザ・ビート」などを手掛けているオリヴィエ・ポルジュの合作。プロデュースはロレアルです。香水ビギナーの方から香水通の方まで、幅広く使えて、さらにシーンもあまり問わない使い勝手の良さもポイントです。

楽天最安値は↓

ヴィクター&ロルフ、オーメガ