Category Archives: セルジュ・ルタンス

Serge Lutens, Gris clair

セルジュ・ルタンスのグリクレール。2006年発売のユニセックス香水です。

グリ・クレール=クリアな灰色をコンセプトにしたもので、岸壁やアンニュイな情感をモチーフとした、フローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: メディタレイニアン・ラベンダー、アイリスなど
  • ミドル: ドライウッド、バーンド・インセンスなど
  • ラスト: トンカビーンズ、ムスク、アンバーなど

調香はクリストファー・シェルドレイク。彼は2005年からシャネル香水ラインでジャック・ポルジュの片腕としても活躍していて、「ベル・レスピオ」、「コロマンデル」など、シャネルの秀作香水のプロデュースでも有名です。この作品は、全体的にはラベンダー、インセンス、トンカビーンズをメインにしている感じで、トップはふんわり、ミドルは静かに、ラストは少しチャーミングにと、トーンが変わるところが魅力です。香水通に好まれそうな香りですが、ユニセックス仕様らしくメンズでもレディスでもマッチするでしょう。

楽天最安値は↓

セルジュ・ルタンス、グリクレール

Serge Lutens, Chergui

セルジュ・ルタンスのシェルギィ。2005年発売のユニセックス香水です。

2001年に発売された作品を、ボトルを変えて再販したものです。シェルギというのは、サハラ砂漠からモロッコに吹く熱風のことです。現在モロッコのマラケシュに住んでいるルタンスは、この香水ラインでもしばしばモロッコへのオマージュを表していますが、この作品もその中の一作です。オリエンタル・ウッディーのディープな香調をベースにした秀作です。

香り方はピラミッドのコンポジションというよりは、まとう人によって様々なフラットな構成のようで、タバコ・リーフ、ハニー、オリス、マイソール・サンダルウッド、アンバー、ムスク、インセンス、ローズ、レザー、クラリセージ、ストロー・フラワー、乾草などからなります。

調香はルタンスのよき理解者であり、パフューマーズ・シーンを代表するマエストロのクリストファー・シェルドレイク。とてもオリエンタルな甘さが魅力的で、タバコ・リーフ&ハニー&インセンスがよく効いているようです。ユニセックス仕様ですが、これはどちらかというとメンズにマッチしそうです。秋冬にリッチなひとときを過ごせそうな一品。香り、ボトルはもちろん、香水の色合いまで高級です。

楽天最安値は↓

セルジュ・ルタンス、シェルギィ

Serge Lutens, Bois et fruits



セルジュ・ルタンスのボアエフリュイ。1992年発売のユニセックス香水です。

「木と果実」というネーミングの通り、フルーティー・ウッディーの香調をベースに、オリエンタル調のテクスチャーを見事に表現した香水です。

  • トップ: プラム、イチジク、ピーチ、アプリコットなど
  • ミドル: ターキッシュ・ローズ、チャイニーズ・シナモン、ビー・ワックスなど
  • ラスト: シダーなど

調香はシャネルやスペースNKなどの香水も手がけるクリストファー・シェルドレイク。メンズ、レディスともにマッチするユニセックス仕様で、秋冬のプライベートなシーンにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

セルジュ・ルタンス、ボアエフリュイ

Serge Lutens, Bas de soie

セルジュ・ルタンスのバドゥソワ。2010年発売の女性用香水です。

「絹のストッキング」という美しいネーミングのこの作品は、フローラル・グリーンの香調をベースにしていて、ヒヤシンスやイリスといった香りの、メロウなたたずまいの香水です。

  • トップ〜ミドル: アイリス、ヒヤシンス、スズラン、オレンジ・ブロッサム、バイオレット、ライラック、ペッパーなど
  • ラスト: ガルバナムなど

調香はルタンス香水の全作品を手掛け、近年はジャック・ポルジュとのコンビとしてシャネルの調香師も兼ねているクリストファー・シェルドレイク。プライべートなシーンであれば、オールシーズンで使えると思います。

楽天最安値は↓

セルジュ・ルタンス、バドゥソワ