Category Archives: ショーン・ジョン

Sean John, Empress



ショーン・ジョンのエンプレス。2011年発売の女性用香水です。

「エンプレス」=「女帝」というネーミングのこの作品は、マイルドでポップなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ライム、パイ・アコード、マンダリン、スターフルーツ、クランベリーなど
  • ミドル: ラズベリー、ピオニー、パッション・フラワー、カルダモン、アンブレット・シードなど
  • ラスト: バニラ、サンダルウッド、クリスタライズド・カラメル、スキン・アコードなど

調香は、ボンドNo9の「アイ・ラブ・ニューヨーク」コレクションや、ドルチェ&ガッバーナの「D&G」、ダナ・キャランの「ダナ・キャラン」などを手がけているIFF社。プロデュースは、トミー・ヒルフィガーやコーチ、アメリカン・ビューティーなどの香水ラインでもおなじみの「エスティー・ローダー」です。フルーツの香りが印象的ですが、アンブレット・シードやカラメルといった甘さとの相性もバツグンで、通好みの香水だと思います。

楽天最安値は↓

ショーン・ジョン、エンプレス

Sean John, Unforgivable Woman

ショーン・ジョンのアンフォーギバブル・ウーマン。2007年発売の女性用香水です。

1998年にアメリカのヒップホップ界の大物、ショーン・コムズが設立したファッションブランドで、フレグランス・ラインは2006年に大手化粧品メーカーのM.A.Cとエスティローダーのプロデュースのもとスタートしました。こちらは女性用香水の第一弾で、ウッディ・パウダリーの香調がベース。

  • トップ: オレンジ、ネロリ、アップル、洋ナシ、カシアなど
  • ミドル: ジャスミン、フリージア、バイオレット、ローズ、シクラメンなど
  • ラスト: パチョリ、アンバー、トンカビーンズ、アイリス、ベチバー、オークモス、バニラなど

調香はエリザベス・アーデンのサンフラワーやヴァン・クリーフ&アーペルのレーヴなどを手がけるデヴィッド・アーペルです。秋冬のオールタイムで使えると思います。

楽天最安値は↓

ショーン・ジョン、アンフォーギバブル・ウーマン