Category Archives: エルメス

Hermès, Jour d’Hermès

エルメスのジュールドゥエルメス。2014年発売の女性用香水です。

2013年に発売された「ジュール・ド・エルメス」がオリジナルで、今回はそのアレンジ・エディションです。スーパーヒットしたオリジナルはシトラス・フローラルでしたが、今回はマテリアルを厳選したフローラル・ノートの香調がベース。

ブレンドはとてもシンプルで、ガーデニア、サンバック・ジャスミン、アプリコット・フラワーの三種類の花からなります。

調香はオリジナル同様に、エルメスのインハウス・パフューマーのジャン=クロード・エレナ。2003年の「地中海の庭」の世界的なヒットによって、エルメス専属調香師となりました。香りはホワイト・フローラルのクリーミーなトーンで、高級石鹸のようなたたずまいにも感じられるかもしれません。クセのないたおやかなフローラルなので、使い勝手はとてもいいと思います。オールシーズンのデイタイム、プライベートなシーンであれば幅ひろく活用できそうで、少しフォーマルな席などにも上品に彩ってくれそうです。

楽天最安値は↓

エルメス、ジュールドゥエルメス

Hermès, Un jardin en Méditerranée

エルメスの地中海の庭。2003年発売のユニセックス香水です。

エルメスの「庭」シリーズの第1弾です。この香水はエルメスのディスプレイディレクターであったレイラ・マンシャリのチュニジアの庭からインスパイアされたものだそうです。香調は地中海を思わせるシトラス・ウッディがベース。

  • トップ: レモン、ベルガモット、マンダリンなど
  • ミドル: オレンジブロッサム、キョウチクトウなど
  • ラスト: サイプレス、ジュニパー、いちじくの葉、ムスク、ピスタチオなど

調香はエルメスの専属、ジャン・クロード・エレナです。春から夏にかけてのデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

エルメス、地中海の庭

Hermès, Un jardin après la mousson

エルメスのモンスーンの庭。2008年発売のユニセックス香水です。

「地中海の庭」、「ナイルの庭」に続く、ジャルダン(ガーデン)・コレクションの第3弾です。2003年に発売された「地中海の庭」を手がけたジャン=クロード・エレナは、その翌年からエルメスの専属調香師となり、庭シリーズも含めて、現在エルメス香水を全て手がけています。

そんなエレナがインドを訪れ、インスパイアされて誕生したというこの作品は、ジンジャーをベースにしたアロマティック・シトラス・スパイシーの香調で、「モンスーン」ということでウォータリー・オゾニックな香りをかなり強く出しながら、より現代的なアプローチのアイテムとなっています。

  • トップ: スウィート・ライム、ジンジャー、グリーン・ノートなど
  • ミドル: コリアンダー、ペッパー、カルダモン・シード、ロンゴザ、アクアティック・ノートなど
  • ラスト: ベチバーなど

ミドルのロンゴザは、ジンジャー科のヘディキウムという花の通称で、英名ではジンジャー・リリーといいます。どちらかというとデイタイムにマッチする香りです。モダン香水の一つの到達点を築く傑作だと思います。

楽天最安値は↓

エルメス、モンスーンの庭

Hermès, L’Ambre des merveilles



エルメスのアンブルデメルヴェイユ。2012年発売のユニセックス香水です。

オリジナルは2004年に発売された「オー・デ・メルヴェイユ」で、今回はそのユニセックス・アレンジ・エディションです。オリジナル同様、この作品もヨーロッパでは大ヒットを記録しました。香りは、オリジナルのオリエンタルなトーンを受け継いだオリエンタル・バニリックの香調がベース。

  • トップ: マンダリン、アンバーなど
  • ミドル: アンバー、ラブダナムなど
  • ラスト: パチョリ、バニラ、シダーなど

調香は、2004年からエルメスの専属調香師をつとめているジャン=クロード・エレナ。「エルメスの庭」シリーズや、「ジュール・ド・エルメス」、「ケリー・カレーシュ」なども手がけています。基本的にはアンバーとバニラがメインとなって香る印象です。どちらかというと女性向きかもしれません。秋冬のシーズンであればデイタイムでもイブニング以降でも使えそうです。

楽天最安値は↓

エルメス、アンブルデメルヴェイユ

Hermès, Élixir des Merveilles



エルメスのエリクシールドメルヴェイユ。2006年発売の女性用香水です。

2004年に発売されたオリジナルの「オー・デ・メルヴェイユ」のニュー・アレンジ・エディションです。オリジナル同様に、フローラルを用いないコンセプトはそのままですが、今回はマイルド・スウィート・グルマンな香調をベースにしており、お菓子の甘さを感じさせる香りです。

  • トップ~ミドル: チョコレート・カバード・キャンディ・オレンジ・ピール、ココア・パウダー、カラメルなど
  • ラスト: インセンス、サンダルウッド、レジン、クリーミー・ミルク、ペルー産バルサム、ペルシャ産バルサム、オーク、パチョリ、シダー、アンバーグリスなど

調香は、2004年からエルメス専属調香師として活躍し、「モンスーンの庭」、「地中海の庭」、「ナイルの庭」など、傑作を次々と発表しているジャン・クロード・エレナ。トップとミドルのエレガント・キュートな情感と、ラストのエキゾチカのギャップがとっても楽しい香りだと思います。

楽天最安値は↓

エルメス、エリクシールドメルヴェイユ

Hermès, Hiris



エルメスのイリス。1999年発売の女性用香水です。

名前の通り、アイリスの香りを閉じ込めた、趣のある香水です。香調はパウダリー・フローラル。

  • トップ: ネロリ、ローズ、コリアンダーなど
  • ミドル: アイリスなど
  • ラスト: バーボンバニラ、アンブレットシードなど

調香はラルチザンの香水を多く手掛けるオリヴィア・ジャコベッティ。春から秋にかけてのデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

エルメス、イリス

Hermès, Eau des Merveilles

エルメスのオーデメルヴェイユ。2004年発売の女性用香水です。

アンバーグリスの香りをメインにして、フローラル香を用いない調香です。スパイシー・ウッディ・アンバリーの落ち着いた香りは、いかにもハイエンドに洗練されたセレブリティといった印象で、女性らしい気品を演出すると同時にモダンの様相も窺うことのできる、大変に優れた香水です。

エレミ、ビターオレンジ、レモン、ブラックペッパー、ピンクペッパー、オーク、シダー、ベチバー、バルサム、ウッディノート、そして全編に渡ってアンバーグリスがアクセントを効かせます。

調香はイヴ・サンローランのベビードールが代表作となるラルフ・シュヴィーガーと、ヴァン・クリーフ&アーペルのレーヴなどを手掛けるナタリー・フェイショール。オフィスでも使えそうです。ハイエンドでひねりのある香りをお探しの方におすすめです。

楽天最安値は↓

エルメス、オーデメルヴェイユ

Hermès, Le Jardin de Monsieur Li

エルメスの李氏の庭。2015年発売のユニセックス香水です。

エルメス香水の庭園のフレグランスの最新作で、この「李氏の庭」は「屋根の上の庭」に続く5作目となります。今回の庭は、特定の庭を指しているのではなく、中国にあるあらゆる庭を指しており、『李』という中国を代表する名前のひとつがネーミングに使われることで、中国の庭を表現しています。香調はシトラス・アロマティックがベース

ミント、ジャスミン、金柑、そして庭園を思わせる樹液のフレッシュな香りをお楽しみください。

第5章となる物語は、知られざる独特の庭園が体現する、中国文化のディテールがエルメスの専属調香師であるジャン=クロード・エレナにインスピレーションをもたらしています。

楽天最安値は↓

エルメス、李氏の庭