Category Archives: グレ

Grès, Madame Grès

グレのマダム・グレ。2013年発売の女性用香水です。

1993年に90歳でこの世を去ったマダム・グレの没後20年にあたる年にオマージュをささげた作品です。香りはクラシカルでシアーなフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: グレープフルーツ、パイナップル、シナモンなど
  • ミドル: マグノリア、ホワイト・ピオニー、フリージアなど
  • ラスト: バニラ、サンダルウッド、パチョリ、カリスマティック・スキン・アコード(レザー・アコード)など

調香は、同じグレ香水の「カボティーヌ・センシュエル」や「カボティーヌ・アクアレール」、サルバドール・ダリの「ダリ・ライト」などを手がけているシドニー・ランセッサール。プロデュースは、ジャガーやラリックなどの香水でもおなじみのArt & Fragranceです。

楽天最安値は↓

グレ、マダム・グレ

Grès, Cabochard

グレのカボシャール。1959年発売の女性用香水です。

シプレー系の香水を代表するもので、このカボシャールでパルファン・グレが世界的に知られることになりました。。「強情、わがまま」と言った意味の名のとおり、大人のための香水。

トップ、ミドル、ラストの区別がない、一定した香りです。アルデハイド、バラ、ジャスミン、オランダスイセン、白樺、タバコの葉、オークモス、ムスク、アンバーなど数多くの成分からなる、古き良きフランス気質を想わせる香りです。

マダム・グレの服の顧客には王侯貴族の女性が多かったそうですが、この香りには、そのような人たちの真のエスプリを感じさせるような圧倒的な気品があります。ナイトタイムのパーティー向きで、いかにも香水然とした香水です。

楽天最安値は↓

グレ、カボシャール

Grès, Fleur de Cabotine Pure



グレのフルールドカボティーヌ・ピュア。2012年発売の女性用香水です。

2011年の「フルール・ド・カボティーヌ・ブーケ」に続く、日本限定のアイテムです。香りはスマートで都会的なフルーティー・フローラル・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: グレープフルーツ、ホワイト・ピーチ、ラズベリーなど
  • ミドル: ホワイト・ローズ、コットン・フラワーなど
  • ラスト: ホワイト・ムスク、サンダルウッド、ホワイト・シダーなど

プロデュースは、ラリックやベントレー、ジャガーなどの香水ラインもかかえているArt & Fragranceです。「ピュア」というネーミングにぴったりくる「ホワイト」をイメージした作品だけに、全体的に綺麗なソーピー・テイストが漂います。香りようによってはフルーティーが前面に出る場合もありますが、石鹸のような美しい香りが好きな方におすすめです。クセがないので使い勝手も抜群で、デイタイムならばオールシーズンで重宝しそうです。

楽天最安値は↓

グレ、フルールドカボティーヌ・ピュア

Grès, Lumière Rose



グレのルミエール・ローズ。2013年発売の女性用香水です。

香りはベーシックでソフィスティケートされたフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: オレンジ・ブロッサムなど
  • ミドル: ピンクペッパー、ローズなど
  • ラスト: リコリス・ウッド、ムスクなど

プロデュースは、ジャガー・フレグランスやラリックなどの香水ラインでもおなじみのArt & Fragranceです。それほど濃密なオリエンタルというわけではなく、どちらかといえばフローラル・スパイシーに近い印象で、とてもあつかいやすいと思います。デイタイムであれば、シーズンを問わずに使えそうです。

楽天最安値は↓

グレ、ルミエール・ローズ

Grès, Cabaret

グレのキャバレー。2002年発売の女性用香水です。

名前の通りパリのキャバレーをイメージした香水です。首はダンサーのウエストを表しています。香りはフローラル・ウッディ。

  • トップ: ローズリーフ、スズラン、ピオニー、ブルーイリスなど
  • ミドル: スミレ、パチョリなど
  • ラスト: サンダルウッド、アンバー、ムスクなど

調香はボンドNo.9やバーバリーなどの香水を多く手掛けるミシェル・アルメラック。秋冬のデイタイムにマッチしそうな香りです。

楽天最安値は↓

グレ、キャバレー

Grès, Cabochard Rose Élégante

グレのカボシャール・ローズ・エレガンテ。2013年発売の女性用香水です。

「ブルー・フレ」、「アぺゼ・ヴェール」と三作品同時に発売されたコレクション・シリーズで、オリジナルは1959年に発売された、グレ香水の代表作「カボシャール」です。ネーミングのとおりローズをフィーチャーしたこの香水は、フルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: パイナップル、タンジェリン、オレンジなど
  • ミドル: ジャスミン、ローズ、スズランなど
  • ラスト: ムスク、サンダルウッド、シダーなど

プロデュースは、ジャガーやラリック、アラン・ドロンの香水などでもおなじみのArt & Fragranceです。さっぱりとしていますので、オール・シーズンのデイタイムで気軽に使えると思います。

楽天最安値は↓

グレ、カボシャール・ローズ・エレガンテ

Grès, Cabotine Eau Vivide

グレのカボティーヌ オ・ヴィヴィッド。2013年発売の女性用香水です。

オリジナルは、1993年に発売された名香「カボティーヌ」。今回は、その後何作も発表されている、アレンジ・エディションの中のひとつです。オリジナルの楽しくにぎやかな情感を受け継ぎながら、現代的なヴィヴィッド・テイストを全面に押し出した作品で、香りは爽快なフローラル・アクアティックの香調がベース。さっぱりとした使い心地で、デイリーユースに気軽にまとえる、ここちよいアイテムに仕上げられております。

  • トップ: レモン、ブラックカラント、フリージアなど
  • ミドル: スズラン、マリン・アコード、ローズなど
  • ラスト: ピーチ、ホワイト・シダー、ムスク、サリチレート(フルーティーな合成香料)など

調香は、このグレ・ラインの「カボティーヌ・ディライト」や、「カボティーヌ・フルール・ディボワール」、ソニア・リキエルの「ル・パルファム」などを手がけているリチャード・イバニェス。プロデュースはアラン・ドロンの香水ラインでも有名なArt & Fragranceです。とてもスタンダードなアクア・フローラルで、カジュアルなシーンならば使い勝手バツグンだと思います。

楽天最安値は↓

グレ、カボティーヌ オ・ヴィヴィッド

Grès, Cabochard Apaiser vert

グレのカボシャール・アペゼヴェール。2013年発売の女性用香水です。

1959年に発売された名香「カボシャール」のニュー・アレンジ・エディションとして、「ブルー・フレ」、「ローズ・エレガンテ」と一緒に三作同時に発売されたものです。三つともベーシックであつかいやすい香りが特徴で、この「アペゼ・ヴェール」は、「癒しの緑」というような意味のネーミングの作品で、香りはリラクゼーション満点のフルーティー・フローラル・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: アップル、シトラス・ノート、ペア(洋ナシ)など
  • ミドル: スズラン、ローズ、オレンジ・ブロッサムなど
  • ラスト: ムスク、アンバー、パウダリー・ノート、シダーなど

プロデュースは、アラン・ドロンやジャガーなどの香水ラインでも知られているArt & Fragranceです。プライヴェートなシーンのデイタイムであれば、オールシーズンで使えそうです。

楽天最安値は↓

グレ、カボシャール・アペゼヴェール