Tag Archives: キンモクセイ

Agent Provocateur, Maîtresse

エージェント・プロヴォケーターのメトリーゼ。2006年発売の女性用香水です。

メトリーゼはフランス語で「女主人」という意味で、そこから派生して「女の愛人」という意味も持ちます。そんな挑発的なネーミングのこの作品は、クラシカルなテイストのフローラル・アルデハイデックの香調がベース。

  • トップ: ホワイト・ロータス・ペタル、ホワイト・イランイラン、バイオレット・リーフなど
  • ミドル: アルデハイド、キンモクセイ、サンバック・ジャスミン、ローズ・アブソリュート、オリス・バドなど
  • ラスト: アイリス、アンバー、パチョリ、ホワイト・スウェードなど

調香は、現在この作品が代表作となっている新進気鋭のパフューマー、アッツィ・グラッサー。プロデュースはジャン=ルイ・シェラーやワースなどの香水ラインもかかえているDesigner Parfumsです。クラシックなフローラル・アルデハイドはトップにシトラスをプラスするものが多いですが、この作品はトップからフローラルの甘さが引き立ちます。特にイランイランの甘さとアルデハイドのほのかなアニマリック・スウィートがメインとしてハーモニーを奏でる印象です。

楽天最安値は↓

エージェント・プロヴォケーター、メトリーゼ

Sisley, Eau de Sisley 3

シスレーのオードゥシスレー3。2009年発売の女性用香水です。

オードゥシスレーとして3作同時発売されたうちの1作です。香調はシトラス・スパイシー。

  • トップ: ベルガモット、タンジェリン、グレープフルーツ、タンギーレモンなど
  • ミドル: パープルジンジャー、キンモクセイ、ピーチ、アプリコットなど
  • ラスト: パチョリ、ベチバー、ベンゾイン、バニラなど

ジンジャーとベルガモットが効いた、キレの良い香りです。冬以外のデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

シスレー、オードゥシスレー3

Viktor & Rolf, Flowerbomb Extreme

ヴィクター&ロルフのフラワーボム・エクストレム。2007年発売の女性用香水です。

2004年に発売され、特にヨーロッパで大ヒットを記録し、現在でもラインの代表作のオリジナル「フラワー・ボム」の2007年度リミテッド・エディションです。「花の爆弾」という、いかにもこのブランドらしいネーミングと大胆なボトル&パッケージのデザインはオリジナルと変わりません。オリヴィエ・ポルジュ、カルロス・ベネイ、ドミティユ・ベルティエという、気鋭三人の合作からなるオリジナルの、ほとんど完成されているフローラル・オリエンタルの香調をそのままベースに、エクストリームの名前どおり、ミドルのフローラルがより切り込んでくるような香水です。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、ティー・リーフなど
  • ミドル: サンバック・ジャスミン、キンモクセイ、フリージア、ローズなど
  • ラスト: バニラ、パチョリなど

プロデュースはP&G Prestige Beautéです。調香はオリジナル同様、オリヴィエ・ポルジュ、カルロス・ベネイ、ドミティユ・ベルティエです。

楽天最安値は↓

ヴィクター&ロルフ、フラワーボム・エクストレム

Agent Provocateur, Petale noir

エージェント・プロヴォケーターのペタルノワール。2012年発売の女性用香水です。

「黒い花びら」というネーミングのこの作品は、コクのあるリッチなフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: ロータス、マグノリア、バイオレット・リーフ、ヒヤシンス、マンダリン・オレンジ、ベルガモットなど
  • ミドル: ローズ、イランイラン、ネロリ、ヘリオトロープ、キンモクセイ、オリス・ルート、スズランなど
  • ラスト: レザー、ジンジャー、アンバー、タバコ・リーフ、パチョリ、オークモス、ベチバー、シダー、ラブダナム、ムスク、ベンゾインなど

プロデュースは、アイグナーやゴーストなどの香水ラインも手がけているDesigner Parfumsです。さまざまなクオリティーの高いマテリアルをふんだんに使用した一品で、ミドル以降のマイルドな甘さが魅力的。秋冬のシーズンであれば、オールタイムで使えそうですが、やはりナイト・シーンにベストマッチするかもしれません。

楽天最安値は↓

エージェント・プロヴォケーター、ペタルノワール

Estée Lauder, Pure White Linen

エスティ・ローダーのピュア・ホワイトリネン。2006年発売の女性用香水です。

1978年に発売された「ホワイト・リネン」のニュー・コレクションであるこの作品は、オリジナルのアルデハイデック・フローラルとは趣を異にした、モダンでカラフルなウルトラ・フローラル・フルーティーな香調をベースにしています。

  • トップ: グレープフルーツ、マンダリン、アイスド・ローズティ、ラズベリー、ペア、グラニー・スミス・アップル、デューイ・グリーン・ノートなど
  • ミドル: リリー、ホワイト・フリージア、ホワイト・ジンジャー、カルダモン、レッド・チューリップ、ローズ・アブソリュート、ワイルド・ハニーサックル、ガーデニア、チュベローズ、ジャスミン、ソフト・アイリス、オスマンサスなど
  • ラスト: ホワイトシダー、パチョリ、ホワイト・ヘリオトロープなど

「ピュアな白い麻」というネーミングの通り、パウダリーで朗らかで優しさに満ちた香りです。

楽天最安値は↓

エスティ・ローダー、ピュア・ホワイトリネン

La Perla

ラ・ペルラ。1987年発売の女性用香水です。

ラ・ペルラ香水の記念すべきファースト・フレグランスです。香りはシプレー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: レモン、ベルガモット、カーネーション、キンモクセイ、マンダリン、フリージアなど
  • ミドル: ローズ、ジャスミン、イランイラン、ペッパー、ハニー、コリアンダー、スズラン、カルダモンなど
  • ラスト: パチョリ、サンダルウッド、ベチバー、ベンゾイン、アンバー、ムスク、オークモス、インセンスなど

調香は、クロエの「クロエ・ナルシス」やドルチェ&ガッバーナの「D&G」、ダナ・キャランの「ダナ・キャラン」などを手がけている、香料会社の名門IFF。プロデュースは、アイスバーグやジョン・ガリアーノなどの香水ラインもかかえているPerfume Holdingです。王道のシプレー・フローラルで、大人の女性であれば、一本ストックしておくといろいろと便利な一品といえそうです。

楽天最安値は↓

ラ・ペルラ

Jean Patou, Mille EDP

ジャン・パトゥのミル。1972年発売の女性用香水です。

「ジョイ」と双璧を成すフローラル・ノートの最高峰。まさにグラン・パルファンと呼ぶに相応しい逸品です。ミルとはフランス語で「1000」。その名の通り一千種の総天然成分が使用されており、濃度パルファンに至ると、一瓶で何十ダースものバラ、何万本ものジャスミンが使われています。

  • トップ: キンモクセイ、バイオレット、アプリコットなど
  • ミドル: ブルガリアンローズ、メイローズ(ローズ・センティフォリア)、ゼラニウム、グラース産ジャスミン、スズランなど
  • ラスト: サンダルウッド、パチョリ、オークなど

調香はパトゥの香水を多く手がけるジャン・ケルレオ。非常に芳醇な花の甘さは、限りなく淑やかで優雅。一生ものの香水です。

楽天最安値は↓

ジャン・パトゥ、ミル

Emanuel Ungaro, Desnuda

エマニュエル・ウンガロのデスヌーダ。2001年発売の女性用香水です。

香りはセクシーなフローラル・オリエンタルの香調がベース。オリジナルの「デスヌーダ」よりもやや濃いめのトーンです。

  • トップ: シシリアン・ベルガモット、ブラッド・マンダリン・オレンジ、ホワイト・ピーチ、カルダモン、ペッパーなど
  • ミドル: チュベローズ、フリージア、アイリス、チャイニーズ・ローズ、シクラメン、プラムなど
  • ラスト: ミモザ、サンダルウッド、シナモン、バニラ、ムスク、キンモクセイ、トンカビーンズなど

調香は、ラコステの「タッチ・オブ・ピンク」やグレの「エアー・ドゥ・カビシャール」、アンディ・ウォーホルの「マリリン・ローズ」などを手がけているドミティーユ・ミカロンです。ややスパイシーなところ以外はオーソドックスなフロリエンタル系で、イブニング・シーンやナイト・タイムに軽く香らせるのがベストマッチだと思います。

楽天最安値は↓

エマニュエル・ウンガロ、デスヌーダ