Tag Archives: スイレン

Agent Provocateur, Maîtresse

エージェント・プロヴォケーターのメトリーゼ。2006年発売の女性用香水です。

メトリーゼはフランス語で「女主人」という意味で、そこから派生して「女の愛人」という意味も持ちます。そんな挑発的なネーミングのこの作品は、クラシカルなテイストのフローラル・アルデハイデックの香調がベース。

  • トップ: ホワイト・ロータス・ペタル、ホワイト・イランイラン、バイオレット・リーフなど
  • ミドル: アルデハイド、キンモクセイ、サンバック・ジャスミン、ローズ・アブソリュート、オリス・バドなど
  • ラスト: アイリス、アンバー、パチョリ、ホワイト・スウェードなど

調香は、現在この作品が代表作となっている新進気鋭のパフューマー、アッツィ・グラッサー。プロデュースはジャン=ルイ・シェラーやワースなどの香水ラインもかかえているDesigner Parfumsです。クラシックなフローラル・アルデハイドはトップにシトラスをプラスするものが多いですが、この作品はトップからフローラルの甘さが引き立ちます。特にイランイランの甘さとアルデハイドのほのかなアニマリック・スウィートがメインとしてハーモニーを奏でる印象です。

楽天最安値は↓

エージェント・プロヴォケーター、メトリーゼ

Agent Provocateur, Petale noir

エージェント・プロヴォケーターのペタルノワール。2012年発売の女性用香水です。

「黒い花びら」というネーミングのこの作品は、コクのあるリッチなフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: ロータス、マグノリア、バイオレット・リーフ、ヒヤシンス、マンダリン・オレンジ、ベルガモットなど
  • ミドル: ローズ、イランイラン、ネロリ、ヘリオトロープ、キンモクセイ、オリス・ルート、スズランなど
  • ラスト: レザー、ジンジャー、アンバー、タバコ・リーフ、パチョリ、オークモス、ベチバー、シダー、ラブダナム、ムスク、ベンゾインなど

プロデュースは、アイグナーやゴーストなどの香水ラインも手がけているDesigner Parfumsです。さまざまなクオリティーの高いマテリアルをふんだんに使用した一品で、ミドル以降のマイルドな甘さが魅力的。秋冬のシーズンであれば、オールタイムで使えそうですが、やはりナイト・シーンにベストマッチするかもしれません。

楽天最安値は↓

エージェント・プロヴォケーター、ペタルノワール

Vera Wang, Flower Princess

ヴェラ・ウォンのフラワープリンセス。2008年発売の女性用香水です。

オリジナルのコンテンポラリーなモダン・テイストを抑え、強い花々の魅力を詰め込んだフローラル・スウィートの香調をベースにしており、豪華なブーケを上品に香らせながらも、奥にはどこか遊び心が潜んでいるような香りです。

  • トップ: グリーン・アイヴィー・リーフ、タンジェリン、ウォーター・リリー、ピオニーなど
  • ミドル: オレンジ・ブロッサム、モロッコ・ローズ、サンバック・ジャスミン、リビエラ・ミモザなど
  • ラスト: アプリコット、アンバー、プレシャス・ウッド、ムスクなど

調香は、カルバン・クラインの「CK-ONE」やハルストンの「カタリスト・フォーメン」、リズ・クレイボーンの「マンボ・フォーウーマン」などを手がけている、人気パフューマー、ハリー・フレモント。プロデュースはCoty Prestigeです。

楽天最安値は↓

ヴェラ・ウォン、フラワープリンセス

Ted Lapidus, Fou d’elle

テッド・ラピドスのフーデル。1997年発売の女性用香水です。

香りはフローラル・オリエンタルの香調がベース。グルマン・スウィートをうまく効かせた、オシャレな香水です。

  • トップ: ペッパー、ピーチ、ジャスミン、ロータスなど
  • ミドル: フリージア、ヒヤシンス、ワイルド・ローズ、プラリネなど
  • ラスト: バニラ、シダーなど

調香は、アザロの「オー・ラ・ラ」やショーメの「ショーメ」、ソニア・リキエルの「リキエル・ローズ」などを手がけているジェラール・アンソニー。プロデュースは、シェビニヨンやファソナブルなどの香水ラインもかかえている「ジャック・ボガール・グループ」です。オリエンタルの系統の中ではモダンなアイテムで、バニラやプラリネの甘さがアクセントになっている印象です。

楽天最安値は↓

テッド・ラピドス、フーデル

Jo Malone, Orange Blossom

ジョー・マローンのオレンジブロッサム。2003年発売のユニセックス香水です。

ネーミングのとおり、オレンジ・ブロッサムをフィーチャーしたシンプルな作品で、このブランドが提唱する「フレグランス・コンバイニング(重ね付け)」のベースとしても重宝する一品です。オレンジ・ブロッサムはオレンジの木の花のことで、独特のホワイト・フローラルが香水でもアロマ・オイルでも人気です。今回の作品は、そんな花の香りの特質を活かした、シトラス・フローラルの香調がベース。

  • トップ: セドラ、グリーン・ノート、クレメンタイン・リーフなど
  • ミドル: オレンジ・ブロッサム、ウォーターリリーなど
  • ラスト: オレンジ・ブロッサム、ライラックなど

調香は創始者のジョー・マローン本人です。ラストでもフローラルが香るところがユニークで、単品でももちろんステキですが、バニリックなものと重ね付けすると、よりいっそう味わいが出そうな印象です。重ね方でお好みのシーンに合わせられるのも楽しいところです。

楽天最安値は↓

ジョー・マローン、オレンジブロッサム

Kenzo, Parfum d’Été

ケンゾーのパルファム・エテ。2002年発売の女性用香水です。

オリジナルは1992年の同じ名前の「パルファム・エテ」で、今回はそのリニューアル・エディションです。香りはフローラル・グリーンの香調がベース。

  • トップ: リーフィー・グリーン、スズラン、ロータス・ブロッサムなど
  • ミドル: シクラメン、ヒヤシンス、スイートピー・ブロッサムなど
  • ラスト: サンダルウッド、ホワイト・ムスクなど

調香は、バーバリーの「バーバリー・ブリット・ゴールド」やエリザベス・アーデンの「アーデン・ビューティー」、エタ・リーブル・ドランジュの諸作品なども手がけているアントワーヌ・リー。プロデュースは、フェンディやロエヴェ、ディオールなどの香水ラインでもおなじみの「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」です。ケンゾー香水らしい、爽快で自然な感じのトーンが好印象。プライベートなシーンであれば、とても使い勝手がいいと思います。

楽天最安値は↓

ケンゾー、パルファム・エテ

Versace pour femme

ヴェルサーチのヴェルサーチ・プールファム。2007年発売の女性用香水です。

フローラル・フレッシュの香調をベースにしており、モダン・フローラルの傑作香水となっています。

  • トップ: デュー・ドロップ、グァバ、ブラックカラント、藤、ライラックなど
  • ミドル: ロータス・フラワー、ニンフェア、オーキッド、エンジェルウィング・ジャスミン、ホワイト・アザレアなど
  • ラスト: ムスク、アトラス産シダー、バーボン・ベチバー、カシミア・ウッド、モロッコ産シダー

プロデュースはEuroitalia。オールシーズンのデイタイムであれば、オフィス、プライベートを問わずに使えそうです。春先などにベストマッチするかもしれません。

楽天最安値は↓

ヴェルサーチ、ヴェルサーチ・プールファム

Ghost, Eclipse

ゴーストのエクリプス。2014年発売の女性用香水です。

香調はフルーティー・フローラルがベース。

  • トップ: スウィートベルガモット、レモン、マンダリン、アップル、マリゴールド、ブラックカラント、ピーチ
  • ミドル: フリージア、ロータス、ローズ
  • ラスト: アンバー、ムスク

プロデュースはアイグナーやジャン・パトゥのフレグランスラインも手がけるDesigner Parfums。春から夏にかけてのデイタイムにマッチしそうです。

楽天最安値は↓

ゴースト、エクリプス