Tag Archives: ヒヤシンス

Bill Blass for Women

ビル・ブラス・フォーウーマン。2006年発売の女性用香水です。

オリジナルは1978年の「ビル・ブラス・クラシック・フォー・ウーマン」で、今回の作品はそのニュー・エディションです。クラシックなフローラル・ノートのオリジナルの情感を大事にしながら、より現代的に、シンプルなフローラルに再アレンジしたものです。

  • トップ: グリーン・マンダリン、ガルバナム、ネロリなど
  • ミドル: チュベローズ、ホワイト・ヒヤシンス、ジャスミン、スズランなど
  • ラスト: サンダルウッド、ムスクなど

プロデュースは、ベティ・ブープやジェシー・マッカートニーの香水などでおなじみのFirst American Brandsです。全体的にオリジナルよりもライトに仕上がっていて、フローラルもリッチというよりはクリアなトーンです。大人な雰囲気は変わりませんので、シックなウェアにあわせてどうぞ。オフィス・シーンなどでも使えると思います。

楽天最安値は↓

ビル・ブラス・フォーウーマン

Tom Ford, Velvet Orchid

トム・フォードのベルベット・オーキッド。2014年発売の女性用香水です。

2006年の「ブラック・オーキッド」がオリジナルで、今回の作品はそのアレンジ・エディションです。香りは、リッチなマテリアルをふんだんに使用した、ラグジュアリーなフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、スッカン・アブソリュート(精製ラム酒)、ハニーなど
  • ミドル: ターキッシュ・ローズ、ローズ・アブソリュート、ジャスミン、パープル・オーキッド、オレンジ・ブロッサム、ナルシス、ヒヤシンス、ヘリオトロープ、マグノリアなど
  • ラスト: ペル・バルサム、ミルラ、ラブダナム、サンダルウッド、スウェード、バニラなど

調香は、ディヴァインの諸作品や、ダナ・キャランの「ダナ・キャラン・ゴールド」などを手がけているヤン・バスニエと、アクオリナの「トゥイーティー」やランバンの「ランバン・ミー・ロー」などで知られるシャマラ・メゾンデュ、そしてエタ・リーブル・ド・ランジュの諸作品などで有名なアントワーヌ・メゾンデュの合作。プロデュースはエスティ・ローダーです。

楽天最安値は↓

トム・フォード、ベルベット・オーキッド

Chanel, Chance Eau Tendre

シャネルのチャンス・オータンドゥル。2010年発売の女性用香水です。

シャネルのインハウス・パフューマーであるジャック・ポルジュの名を一躍高めた、2002年の「チャンス」のニュー・コレクション・アイテムです。フルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: グレープフルーツ、クウィンス(マルメロ)など
  • ミドル: ヒヤシンス、ジャスミンなど
  • ラスト: アンバー、シダー、アイリス、ホワイトムスクなど

プロデュースは、ステファニー・デ・モナコやブルジョワといった高級香水ラインも抱えているWertheimer。全体的にはオーソドックスなセクシー系なので、プライベートなシーンであればオールシーズンで使えそうです。

楽天最安値は↓

シャネル、チャンス・オータンドゥル

Agent Provocateur, Petale noir

エージェント・プロヴォケーターのペタルノワール。2012年発売の女性用香水です。

「黒い花びら」というネーミングのこの作品は、コクのあるリッチなフローラル・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: ロータス、マグノリア、バイオレット・リーフ、ヒヤシンス、マンダリン・オレンジ、ベルガモットなど
  • ミドル: ローズ、イランイラン、ネロリ、ヘリオトロープ、キンモクセイ、オリス・ルート、スズランなど
  • ラスト: レザー、ジンジャー、アンバー、タバコ・リーフ、パチョリ、オークモス、ベチバー、シダー、ラブダナム、ムスク、ベンゾインなど

プロデュースは、アイグナーやゴーストなどの香水ラインも手がけているDesigner Parfumsです。さまざまなクオリティーの高いマテリアルをふんだんに使用した一品で、ミドル以降のマイルドな甘さが魅力的。秋冬のシーズンであれば、オールタイムで使えそうですが、やはりナイト・シーンにベストマッチするかもしれません。

楽天最安値は↓

エージェント・プロヴォケーター、ペタルノワール

Yardley, Royal English Daisy

ヤードレーのロイヤルイングリッシュデージー。2011年発売の女性用香水です。

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃にインスパイアされてクリエイトしたもので、リミテッド・アイテムです。フルーティー・グリーン・フローラルのクリーンでほがらかな香調がベース。

  • トップ: グリーン・リーブス、グラニースミス・アップルなど
  • ミドル: ヒヤシンス、ホワイト・ローズなど
  • ラスト: サンダルウッド、ムスクなど

プロデュースは、2005年からヤードレーが傘下に入っている、パーソナル・ケアの大手「ローナミード・グループ」です。使い勝手が良いのも特徴で、プライベートなシーンであれば、オールシーズンのデイタイムで気軽に使えそうです。

楽天最安値は↓

ヤードレー、ロイヤルイングリッシュデージー

Penhaligon, Bluebell

ペンハリガンのブルーベル。1985年発売の女性用香水です。

ペンハリガンは1941年のロンドン大空襲で店舗を消失しましたが、1975年に場所をコベント・ガーデンに変えて新装開店しました。そして新店第一作となったのがこの作品で、オリジナルは1978年に発売されたものです。ペンハリガン香水の中で、世間一般にもっとも広く知られている作品で、現在でも安定した人気を誇るロングセラー。まさにペンハリガンのシンボルのような人気作です。「ブルーベル」はヒヤシンスのことで、香りはそんなヒヤシンスをメインにしたフローラル・グリーン・スパイシーの香調がベース。

  • トップ: シトラス・ノートなど
  • ミドル: ヒヤシンス、スズラン、シクラメン、ジャスミン、ローズなど
  • ラスト: ゼラニウム、クローブ、シナモンなど

調香は、このペンハリガンの「エリザベッサン・ローズ」や「リリー・オブ・ザ・ヴァレイ」などを手がけているマイケル・ピクタールです。基本的にはほがらかなグリーン・フローラルですが、ラストにスパイスが香るのがシャレています。

楽天最安値は↓

ペンハリガン、ブルーベル

Ted Lapidus, Fou d’elle

テッド・ラピドスのフーデル。1997年発売の女性用香水です。

香りはフローラル・オリエンタルの香調がベース。グルマン・スウィートをうまく効かせた、オシャレな香水です。

  • トップ: ペッパー、ピーチ、ジャスミン、ロータスなど
  • ミドル: フリージア、ヒヤシンス、ワイルド・ローズ、プラリネなど
  • ラスト: バニラ、シダーなど

調香は、アザロの「オー・ラ・ラ」やショーメの「ショーメ」、ソニア・リキエルの「リキエル・ローズ」などを手がけているジェラール・アンソニー。プロデュースは、シェビニヨンやファソナブルなどの香水ラインもかかえている「ジャック・ボガール・グループ」です。オリエンタルの系統の中ではモダンなアイテムで、バニラやプラリネの甘さがアクセントになっている印象です。

楽天最安値は↓

テッド・ラピドス、フーデル

Kenzo, Parfum d’Été

ケンゾーのパルファム・エテ。2002年発売の女性用香水です。

オリジナルは1992年の同じ名前の「パルファム・エテ」で、今回はそのリニューアル・エディションです。香りはフローラル・グリーンの香調がベース。

  • トップ: リーフィー・グリーン、スズラン、ロータス・ブロッサムなど
  • ミドル: シクラメン、ヒヤシンス、スイートピー・ブロッサムなど
  • ラスト: サンダルウッド、ホワイト・ムスクなど

調香は、バーバリーの「バーバリー・ブリット・ゴールド」やエリザベス・アーデンの「アーデン・ビューティー」、エタ・リーブル・ドランジュの諸作品なども手がけているアントワーヌ・リー。プロデュースは、フェンディやロエヴェ、ディオールなどの香水ラインでもおなじみの「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」です。ケンゾー香水らしい、爽快で自然な感じのトーンが好印象。プライベートなシーンであれば、とても使い勝手がいいと思います。

楽天最安値は↓

ケンゾー、パルファム・エテ