Browse Category: フローラル

Yves Saint-Laurent, In Love Again Jasmin Étoile



イヴ・サン=ローランのインラブアゲイン・ジャスミン・エトワール。2006年発売の女性用香水です。

Yves Saint-Laurentの、ブランドとしての40周年を記念して1998年に発売されたレディス香水「イン・ラブ・アゲイン」。2005年に発売された「フルール・デ・ラ・パッション」に続くファミリー三作目で、オリジナルのシトラス香が際立ったフルーティー・フローラルとは一線を画し、名の通りジャスミン香をメインにした、ややマイルドな香調のアイテムです。

  • トップ: タンジェリン、スターアニス、ブラックカラント(カシス)など
  • ミドル: スター・ジャスミン、カランボーラ(スターフルーツ)など
  • ラスト: サンダルウッド、シダー、バニラなど

オールシーズンのデイタイムで、スーツスタイルなどシックでシンプルなウェアに合わせるとマッチしそうな香りです。

楽天最安値は↓

イヴ・サン=ローラン、インラブアゲイン・ジャスミン・エトワール

Kenzo, Eau de Fleur Prunier



ケンゾーのオーデフルール・プラム。2009年発売の女性用香水です。

2008年に三作同時に発売された「オー・デ・フルール(花の水)」コレクションの新作です。日本にゆかりのある花をメインにした香りがコンセプトのコレクションらしく、今回は「プラム」をメインにした香りです。

プラムと言えば、スモモ、巴旦杏(はたんきょう)という意味もありますが、海外では「梅」という意味でも用いられます。ボトル・デザインにあるとおり、梅の花の香りを取り入れながら、巴旦杏の種、つまりアーモンドの香りもアクセントに据えたパウダリー・フローラルの香調をベースにしていて、なかなか洒落っ気のある、粋なアイテムに仕上げられております。

  • トップ: ほんのりローズ香のような、恐らくは梅の花のフローラルや、グリーン・スウィーティーなフルーツ香など
  • ミドル: プラム・スウィートのような香り
  • ラスト: アーモンド、ホワイト・フローラルなど

調香は、前作のオー・デ・フルール・マグノリアやダビドフの「シルバー・シャドウ」、エリザベス・アーデンの「グリーン・ティー」などを手がけたフランシス・クルクジャンと、トレントの「ロード・トレント」やマサキ・マツシマの「マット・ブルー」や「マット・イエロー」などマット・コレクションを多く手がけているジャン・ジャックの合作。プロデュースはLVMHです。

楽天最安値は↓

ケンゾー、オーデフルール・プラム

Paco Rabanne, Ultrared



パコ・ラバンヌのウルトラレッド。2008年発売の女性用香水です。

ヒット作「ウルトラ・ヴァイオレット」と繋がるコレクションの一つです。かなりポップでファンタスティックなフルーティー・フローラルの香調をベースにしていて、チャーミングでキャッチーな色合いの中に、どこかしら毒っ気を感じさせる、当時のパコのコレクションを彷彿とさせるようなアイテムに仕上がっております。

  • トップ: レッド・カラント、ワイルド・ストロベリーなど
  • ミドル: リコリス、スター・アニス、ジャスミン、マシュマロなど
  • ラスト: バニラ、シダーなど

プロデュースは親元のPuig Prestige Beauty Brandsです。このラインは見た目も香りもちょっとユニークなものが多いのですが、今回も例外ではなく、基本がポップなだけに結構ハイ・レベルな佇まいの香調と言えそうです。

楽天最安値は↓

パコ・ラバンヌ、ウルトラレッド

Azzaro, Pink Tonic



アザロのピンク・トニック。2005年発売の女性用香水です。

香りの基調は、ピンク・グレープフルーツをベースとしたフルーティー・フローラル・ムスキー・ノート。

  • トップ: ユズ、ピンク・グレープフルーツ、フロスティッド(凍らせた)・ブラックカラントなど
  • ミドル: ピンクピオニー、ラズベリー・リーフ、マグノリアなど
  • ラスト: クリスタリン・ムスク、バニラフラワー、シダーウッドなど

トップノートのみずみずしく弾けるような香りが印象的です。

楽天最安値は↓

アザロ、ピンク・トニック

Cartier, Délices de Cartier

カルティエのデリス・ドゥ・カルティエ。2006年発売の女性用香水です。

ネーミングはカルティエのジュエリー・コレクションの名前をそのまま取っています。Délicesは「美味」という意味です。その名の通り、おいしそうなチェリーの香りが引き立ったフルーティー・フローラル・スパイシーの香調に仕上がっており、チャーミングなのにどこかしら芯の強さを感じさせる個性的なアイテムになっています。

  • トップ: アイスド・チェリー、ベルガモット、ピンクペッパーなど
  • ミドル: ゴールデン・ジャスミン、ヴァイオレット、フリージアなど
  • ラスト: アンバー、トンカビーンズ、ムスク、サンダルウッドなど

調香は、同じカルティエの「オー・デ・カルティエ」や。ディオールの「ミス・ディオール・シェリー」、ニナ・リッチの「メモワール・ド・オム」などを手掛けた、世界屈指のパフューマーであるクリスティーヌ・ナジェル。

楽天最安値は↓

カルティエ、デリス・ドゥ・カルティエ

CMはこちら↓

Rochas, Madame Rochas

ロシャスのマダム・ロシャス。1960年発表、1989年に再販となった女性用香水です。

パルファム・ロシャスの名を世界に広げた名香として知られ、50年経った今でも高い評価を得ている、香水史上の傑作です。

再販版もオリジナルと変わらず、アルデハイデック・フローラルのクラシカル・テイストあふれる香調がベース。

  • トップ: アルデハイド、ベルガモット、レモン、ネロリなど
  • ミドル: ジャスミン、ローズ、チュベローズ、スズラン、オリス・ルート、イランイラン、バイオレット、ナルシスなど
  • ラスト: サンダルウッド、ベチバー、ムスク、シダーウッド、オークモス、トンカビーンズなど

調香は、この作品が代表作で、他にエルメスの「カレーシュ」やグッチの「グッチNo. 1」などを手掛けているギィ・ロベルト。プロデュースはアナスイやD&G、ヒューゴ・ボスなどの香水ラインも抱えているP&G Prestige Beautéです。実に200種類以上の香料をブレンドしてクリエイトされたという贅沢な香りで、フローラル・アルデハイデックのお手本のような豪奢なトーンです。

楽天最安値は↓

ロシャス、マダム・ロシャス

L’Occitane, Verveine

ロクシタンのヴァーベナ。2003年発売の女性用香水です。

レモン様の香りが清々しいハーブとして、香水の香料のみならずアロマ・オイルとしても活用されるヴァーベナの香りをメインに据えたシトラス・グリーン・フローラルの香調をベースにしており、よく晴れた緑の野原といった感じの、リラクゼーション溢れるオープンなアイテムに仕上げられております。

  • トップ: オレンジ、レモンなど
  • ミドル: ヴァーベナ、プチグレインなど
  • ラスト: ゼラニウム、ローズなど

とても凛々しくソフィスティケートされた自然な感覚の香りで、高感度は非常に良いのではないでしょうか。オールシーズンのデイタイムで、オフィスシーンでもカジュアルなプライヴェート・シーンでもお使いいただけることでしょう。

楽天最安値は↓

ロクシタン、ヴァーベナ

Lalique, Tendre Kiss



ラリックのテンダーキス

伝統の宝飾ブランド ラリックが贈る、 優しいキス という名のロマンティックな香水。ただし優しいだけではなく、所々のスパイスが活発な印象を与えます。

スパイスの効いたフルーティー・フローラルの基調。

  • トップ: ライチ、ピオニー、レッドペッパーなど
  • ミドル: ローズペタル、エディオン(ジャスミン香の化合物)、ナツメグ、フランギパニの実、イランイランなど
  • ラスト: サンダルウッド、オポポナクス(松科の植物。甘酸っぱい香り)、バーボンバニラ、乳香(オリバナム)、アンバー、ムスクなど

上品なボトルは、1999年に発売された「ル・ベゼ」のボトルをアレンジしたもの。ル・ベゼとはフランス語でキスのこと。ル・ベゼのボトルは、ルネ・マリックが1904年にデザインしたブローチをモチーフにしています。

楽天最安値は↓

ラリック、テンダーキス

Loewe, L

ロエベのエル。2009年発売の女性用香水です。

1972年に発売された「エル・デ・ロエヴェ」とは異なるアイテムで、完全な新作です。デリケート&ロマンチックを華やかに描き出すフローラル・フレッシュの香調をベースとしています。

  • トップ: ベルガモット、タンジェリン、ブラックカラント、ネロリなど
  • ミドル: フリージア、ホワイト・ピーチ、ピオニー、ヴァイオレット、カーネーションなど
  • ラスト: ムスクやサンダルウッドなど

プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン。

楽天最安値は↓

ロエベ、エル

Marc Jacobs, Oh, Lola!



マーク・ジェイコブズのオーロラ。2011年発売の女性用香水です。

2009年に発売されてスマッシュ・ヒットを記録した「ロラ」のニュー・ファミリーです。香調はオリジナルと同様、フルーティー・フローラル。マテリアルを変えることで、少しガーリーなトーンを際立たせた、魅力的な一品です。

  • トップ: ストロベリー、ラズベリー、洋ナシなど
  • ミドル: ピオニー、マグノリア、シクラメンなど
  • ラスト: サンダルウッド、バニラ、トンカビーンズなど

調香は、カルバン・クラインの「コントラディクション」やエリザベス・アーデンの「フィフス・アヴェニュー」などを代表作にもつアン・ゴットリーブと、バイ・キリアンの香水ラインで有名なカリス・ベッカー、そしてダナ・キャランの「ダナ・キャラン・ゴールド」やトム・フォードの「サンタル・ブラッシュ」などを手がけているヤン・ヴァニエという豪華なトリオの合作。プロデュースは名門COTYです。

楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブズ、オーロラ